フラワーレッスン

あたしが通う教室はとにかく自由です。お手本はなし。某協会等の資格を取る為にお決まりの
パターンを延々と続けるとか、みんなで右へ倣えで同じものを作ると言うこともしないのです。
あたしはそこが気に入っています。(お仕着せのパターンやつまらない花材ばかりが嫌で
一度挫折しているので)

たまたま同じ日に別の生徒さんと一緒になる事もあるけれど、花材は同じでも生け方はその人次第。
悩んで困って先生に助けを求める場合があったり、毎回殆ど先生の手を借りてちょろっと生けて
しまう人もいたり。

あたしがレッスンを初めて2年が経過しました。月に2回のレッスンを半年続け、今は月1度。
合間にお店の繁盛期を手伝わせていただいたり、この2年間はこれまで以上に草花に触れる機会が
増えました。知らなかったたくさんのことも知り得ることが出来ました。

残念なことに日本人の今の生活は花離れが進み、潰れる花屋さんも増え、花が売れないのが実情です。
昔から庭で愛で、部屋で愛で四季を感じていたはずの日本人の生活も、庭は消え、すぐ枯れる花なんて
買ってる場合じゃないと言う淋しい心の人も増えました。

道端の草をガラスに生ける可愛らしさも、ゴージャスな花をふんだんに使い生ける素晴らしさももっともっと
日常生活に花が欠かせない風習がもっともっと浸透したらいいのにな。としみじみ思うのです。


7月のレッスン。花弁ひまわりなんて言う、花の終りかけのひまわりも
花材として売っているそう。(知らなかったー)
残ったか弁をむしり取って種だけをむき出しにしたのと、花弁が
ついたままのひまわりを使ったアレンジメント。
f0234209_11225939.jpg

器が大きかったわね?と言っていたけれど、この空間もむしろ
いいんじゃないか、ここに水を張ったら涼しげになるんじゃないかと
みんなで納得自画自賛(笑)

この緑色の葉っぱはカクレミノ。中々使える脇役です。
f0234209_11251636.jpg

他に、青ムラサキの実はビブリナム(トキワガマズミ)、
レッドクリムゾンと言う赤い洋ナシ、緑の洋ナシ、緑のつぶつぶに
見えるのはセダム。
f0234209_11252640.jpg

こちら右側。
f0234209_11253924.jpg

後ろ側。

今回はちょっと悩んで苦戦した。
f0234209_11254593.jpg

[PR]

by hanakahchang | 2012-07-29 12:00 | アレンジメント
line

365日花と緑のある暮らし


by hanakahchang
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31